コラム集

整骨院と整体院の違いとは

日常生活での予期しないケガ、スポーツ中に起こるスポーツでの怪我など、ケガは様々なシチュエーションに潜んでいます。
ケガをした際には、我慢するか病院に行くことを真っ先に頭に思い浮かべる方が多いと思いますが、地域にはケガに対応している整骨院が数多くあります。そんな整骨院と似た名称に整体院がありますが、整骨院と整体院にも明確な違いがあることをご存知ですか?こちらでは、整骨院と整体院の違いについてご紹介しています。

整骨院・接骨院(同義)

国家資格である柔道整復師の資格を取得することで、整骨院の開業が認められています。高い専門知識を持ち、骨折や脱臼、捻挫、打撲、肉離れなど、様々なケガに対してアプローチを行う施術のエキスパートです。自然治癒力を最大限に活かす施術で、医療行為として認められていることもあり、保険も適用されるのが整骨院です。また、整体院では取り扱うことがない充実した設備機器も揃っていますので、一人一人に合った最良の施術を行うことが可能です。当院のサイト内にある「治療の流れ」で設備紹介もしておりますので、設備機器の特徴も参考としてぜひご覧ください。

整体院

国家資格である柔道整復師の資格を取得する必要もなく、開業が認められています。整骨院は骨や関節、筋、腱、靭帯などのケガに対する施術を行いますが、整体院は全身のバランスを整え、骨や関節の歪みを手技による施術で改善を促すことを目的としています。整骨院と同様に自然治癒力を高める施術でもあり、内臓異常や血液循環の活性化などを行うのも整体院の特徴の一つです。
保険は一切適用されませんが、評判の良い整体院には自然と人が集まることも珍しくはありません。

 

宇都宮市関堀町にある整骨院の当院は、自信を持って信頼・安心な施術を行っています。肩こりによる悩みから、骨折や脱臼、捻挫、打撲、肉離れ、交通事故によるムチ打ち、スポーツ外傷などのケガ全般の痛みへのアプローチを適切に行っています。健康保険はもちろん、自賠責保険(交通事故でのケガ)、労災保険(通勤時もしくは業務中のケガ)、生活保護受給者の方のケガも取り扱っていますので、安心して施術を受けることができます。宇都宮市にお住まいで整骨院をお探しの方はもちろん、宇都宮市以外にお住まいの方もお気軽にご相談ください。
幅広い地域の方々にご来院いただき、「来てよかった」「和らぎでよかった」そう言ってもらえる整骨院を目指しています。

ムチ打ちの種類について

車を運転していると誰にでも起こる可能性がある交通事故。交通事故に遭ってしまったら、交通事故治療を受けることになると思いますが、その中で最も多いとされるのがムチ打ちです。そんなムチ打ちもいくつかの種類に分けることができます。
こちらでは、ムチ打ちの種類についてご紹介しています。

頸椎捻挫型(けいついねんざがた)

ムチ打ちの中でも一般的な種類で、70~80%はこのタイプを占めるといわれています。首を動かした時の違和感、また首や肩が痛み、動かしにくいなどの寝ちがいや肩こりに似た症状を示します。頚椎の関節包、周囲にある筋肉、靭帯が傷ついて捻挫を起こしてしまっていることから、このような名前がついています。
頚椎捻挫型は痛みにも個人差があり、X線やMRIで撮影しても頸椎に異常は発見できずムチ打ちとして診断してもらえないこともあるので、痛みの程度や身体の状態をしっかりと伝えるようにしましょう。ムチ打ちの中でも軽度な種類で、適切な交通事故治療を受けることができれば、経過と共に回復する傾向にあります。

バレ・リュー型(後部頸交感神経症候群)

頚椎の中を通る自律神経の損傷によって引き起こされる種類で、交通事故によって引き起こされた自律神経失調症のようなものです。後頭部やうなじの痛み、めまい、耳鳴り、吐き気、頭痛、疲れ目、顔・腕・のどの知覚異常、声がれ、飲み込みにくい、胸が締めつけられるような感じなどの症状がみられるタイプです。これらの症状は、交感神経のはたらきが異常になったためのものです。バレ・リュー症候群型だと明確に判断することも難しいムチ打ちのタイプですが、このような状態が長引くと、バレ・リュー症候群型の可能性も高まります。

神経根症状型(しんけいこんしょうじょうがた)

神経は人が行動を起こすために大切な役割を果たしています。その神経が密集している神経根を損傷してしまう種類のムチ打ち症です。首を曲げたり、回したり、せきやクシャミをしたときに強く感じるのが特徴です。
後頭部や顔面の痛み、ベールをかぶったような顔の違和感などを感じる人もいます。
神経の損傷により、首から腕にしびれを感じるようになり、悪化すると感覚をも鈍らせてしまう恐れがあり筋力や運動能力の低下にもつながってきます。対策として日頃の生活から軽い運動などで身体を動かすことも良いでしょう。

脊髄症状型(せきずいしょうじょうがた)

衝撃により脊髄まで損傷が及んでいる状態です。脊髄の損傷は、下肢のしびれで歩行の際に支障をきたしてしまう恐れがあります。さらに悪化してしまうと、膀胱や直腸などの内臓機能が正常に働かなくなり、頻尿や尿が出にくい、下痢・便秘が続くこともあります。排尿や排便などに苦労してしまうこともあるので、早めの対策が必要です。

 

当院は、宇都宮市関堀町にある信頼・安心の整骨院です。交通事故治療を受けることになった場合には、お気軽にご相談ください。自賠責保険による対応も行っており、ムチ打ちで交通事故治療が必要な方、満足のいくリハビリを受けたい方、腰痛や捻挫、肉離れ、打撲、身体の痛みなどでお悩みの方の力になります。宇都宮市関堀町にある当院は、豊郷中学校交差点より田原街道へ入り500mほど進んだところにあります。病院で交通事故治療を受けていて回復されない方からのご相談もお待ちしています。

野球肘の種類

スポーツ障害の一つに野球肘というものがあります。これは、野球をやっている人だけの障害ではありません。
投球類似動作のケガ全般に該当します。こちらでは、スポーツ障害の一つでもある野球肘の種類をご紹介しています。

野球肘とは

投球動作の積み重ねによって起こるスポーツ障害の一つです。子供の頃は、成長期で骨が柔らかい状態なので、間違った使い方をしたり使い過ぎたりしてしまうと、肘を痛めてしまいます。そのため、小学生から高校生の男子に多くみられ、野球のピッチャーやキャッチャーなどの投球動作が多いポジションをしている人がなりやすいのです。その他のスポーツでも、投球類似動作によって引き起こされるものは、基本的に野球肘や投球障害肘とも呼ばれている肘関節障害の総称です。そんな野球肘も部位によって種類が異なってきます。

内側の野球肘

投球動作では、肩と同様に肘にも負担がかかります。肩や肘は消耗するという考えから、昔の根性論を用いた投球と違って、近年ではピッチャーの投球回数に限らず、投げた球数を目安に交代するスタイルが試合では目立つようになってきました。
投球動作では、特に肘の内側に負担がかかってしまいます。肘の内側の関節に対応している筋肉と腱の柔軟性がなくなってしまい、衝撃を緩和する力が弱まってしまうことで起こる痛みです。入念なストレッチやクールダウンを行うと、内側の野球肘を防ぐことにもつながります。

外側の野球肘

肘の外側を痛めてしまう野球肘です。内側の野球肘と比較すると、痛みとして現れにくいので、外側の野球肘になっていても気づかないこともあります。投球動作の中で関節がぶつかり合い、クッションとしての役割、滑らかに動く役割を果たしている軟骨を損傷、悪化すると骨折・脱臼に移行してしまう野球肘です。内側の野球肘と比較すると、対策も一筋縄ではいかないのが外側の野球肘です。
そのままにしていると、骨の変形によって日常生活に支障が出てしまう恐れがあります。野球に限らず、投球動作の多いスポーツをしている方は、肘に痛みを感じなくても1年に1回は野球肘の検診を受けることをおすすめします。

 

宇都宮市関堀町にあります当院は、野球肘を含めた疲労骨折などのスポーツ障害でお悩みの方が安心して通っていただける整骨院です。スポーツによるケガ以外にも、捻挫や肉離れ、打撲、交通事故によるケガ全般もお任せください。
保険会社に認められた自賠責・任意保険、労災保険、生活保護受給者のケガ、健康保険なども扱っているので、安心してご利用いただけます。肩や膝、腰痛など身体の痛みでお困りでしたら、宇都宮市関堀町にあります当院までお気軽にご相談ください。

打撲した時の正しい対処方法

打撲してしまうと、損傷部の炎症により腫れと内出血を伴い、青紫色に皮膚が変色します。そんな打撲も程度によって日数も変わってきますが、基本的には2週間もあれば自然と回復します。しかし、打撲した箇所によっては、目に見えない身体の器官が損傷している可能性もあります。それを防ぐ意味でも、打撲した時には正しい対処方法を知っておくことが大切です。

安静を心がける

直ちに運動を中止して、安静にすることが最優先です。「大した打撲じゃないから大丈夫」と思って動いていると、損傷部に負担をかけてしまい、さらに悪化する可能性や回復が遅れる原因になります。損傷部に負担をかけないように、腕なら三角巾、足には松葉杖を使うなどして体重をかけずに、なるべく動かさないようにして、安静を心がける意識が必要とされます。

氷で冷やす

安静にしたら、損傷部を冷やしましょう。氷だけでは冷たすぎると感じる場合には、氷水にしてから損傷部を冷やすと良いでしょう。
ある程度冷やしていると、冷たさで感覚がなくなってきます。感覚がなくなってきたら、いったん冷やすのを止めて感覚が戻りはじめたら、また冷やすといった具合で何度か繰り返して行いましょう。冷やしすぎは、かえって血流を悪くしてしまうので、15~20分を目安に行うと良いでしょう。

適度に圧迫する

氷で冷やした後は、損傷部を圧迫します。弾力性のある包帯やテーピングなどを損傷部に巻いて適度な圧迫感を与えましょう。
ある程度の強さで巻くことも大切ですが、強く巻きすぎると血流を悪くしてしまうことがあるので加減が大切です。しびれを感じた時には、直ちにはずすようにしましょう。

高い位置に保つ

拍動性の「ズキン ズキン」するような痛みを緩和してくれます。椅子やクッションなどを利用して、損傷部を心臓よりも高い位置で保つようにしましょう。そうすることで、損傷部に血液が過剰に溜まるのを防いでくれます。圧迫しながら高い位置に保つと、より打撲に優しい対処方法にもなるので、併せて行うことをおすすめします。
これらは、自分でも簡単に実践できる対処方法です。打撲した時には試してみてください。

 

宇都宮市関堀町にある当院は、打撲・捻挫・脱臼・肉離れ・骨折などでお困りの方が安心してご利用いただける整骨院です。ケガの状態に合わせた処置で、痛みのもとを見つけて取り除くことに力を注いでいます。ケガをしてしまったら、お気軽にご相談ください。宇都宮市をはじめ、その他の地域にお住まいの方々のお越しも歓迎いたします。

施術を受ける前後に心がけたいこと

整骨院の施術を受ける際には、施術がより良いものとなるために、施術前後に心がけていただきたいことがあります。

激しい運動はしない

施術前日や施術の数時間前に激しい運動をして身体がひどく疲れた状態にあると、施術に対して身体が拒絶反応を起こす可能性があります。また施術後は血液の循環が促進されていますので、激しい運動をした場合には立ちくらみを起こすことが考えられます。運動中の立ちくらみは、思わぬケガに直結する危険性があります。これらのことを避けるためにも、整骨院の施術前後は激しい運動はなるべく避けるようにしましょう。施術前日に激しい運動をする場合には、十分に睡眠をとり疲労を少しでも軽減させることをおすすめします。

十分な水分補給

施術前の水分補給は血液の循環を促進させます。そして、血液の循環が良くなった状態で施術を行うと身体が温まり、新陳代謝が活性化されます。
施術後の水分補給には、施術によって身体に溜まっていた老廃物を体外へと排出する働きがあります。
このように施術前後の水分補給は身体にとって良いことばかりですので、積極的に水分補給することをおすすめします。
ただし、カフェインを含む飲料水は利尿作用が強くなっていますので、施術前後の水分補給でカフェイン入りの飲料水を飲む際には、量を多めに飲むことは避けるようにしましょう。
これらのポイントを抑えることで、整骨院の施術が皆様にとってより良いものとなりますので、ぜひ把握しておくことをおすすめします。

 

宇都宮市関堀町にある当院は、捻挫・肉離れ・打撲など、様々な痛みや違和感に対して施術を行う整骨院です。
関堀町をはじめ、下田原町や下川俣町、横山町、戸祭町、豊郷台、富士見ヶ丘など、宇都宮市内にお住まいの方で、身体に何かしらの痛みや違和感がある方はお気軽に当院へご相談ください。市外からのご相談もお待ちしています。

関節痛が起こる原因

整骨院を利用する方の中には膝痛や肩こりなど、関節の痛みでお悩みの方も多くいらっしゃいます。関節は身体を動かす度に使用する部分なので、関節に痛みがあると普段の生活で困ってしまうこともあるでしょう。こちらでは、関節痛が起こる原因についてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

老化

老化が原因で、椎間板や軟骨が擦り減ってしまうことがあります。そうすると関節をスムーズに動かすことができなくなってしまうため、膝や腰などに痛みを伴います。予防するためには、関節に弾力性や保湿性を与えるために重要な役割を担っているコンドロイチンなどをしっかりと補うことが大切です。
コンドロイチンは20歳を超えると徐々に生産性が減少してしまうので、意識して補うことでコンドロイチン不足による関節痛を防ぐことに役立ちます。

血行不良

軟骨の減少を防いだり損傷を受けた部分を修復したりするためには、関節に栄養分や酸素を運ぶ必要があります。
栄養分や酸素は血液によって運ばれるため、血行が悪くなると上手く運ぶことができなくなってしまいます。これが、関節痛を引き起こしてしまう原因となるのです。
肩こりや腰痛などの関節痛は血行不良が原因で起こることが多いので、このような痛みでお悩みの方は血行を良くすることが大切です。

スポーツ

ジョギングやゴルフ、テニスなどのスポーツを始めると膝に痛みを感じることがあります。膝は身体を動かす度に多くの負荷がかかるため、痛みが発生しやすい場所です。しっかりとウォーミングアップをすることが膝の痛みの予防に繋がるので、意識して取り入れるようにしましょう。ウォーミングアップは、スポーツを行う時の転倒や衝突によるスポーツ外傷を防ぐことにも役立ちます。

 

宇都宮市で整骨院をお探しの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当院をご利用ください。当院は関節痛やスポーツ外傷、ムチ打ちなど、様々な身体の痛みを解消するため、柔道整復師が施術を行っている整骨院です。一人一人の身体にあわせた手技・理学・運動療法を組み合わせ、根本的な痛みから解消することができるよう丁寧に施術を行います。健康保険や交通事故、労災などのご利用についてもお気軽にご相談ください。

交通事故治療の重要性

交通事故に遭ってもケガや痛みがない時は、整骨院や病院で検査を受けることもなく放っておく方もいらっしゃるでしょう。
すぐに痛みが表れない場合もあるため、きちんと検査を受けることが大切です。

後日痛みが発生する理由

交通事故から数日経ち、身体に痛みや違和感が表れることがあります。
「交通事故が関係しているのか」「これくらいの痛みでも検査を受けた方が良いのか」と考える方もいらっしゃるでしょう。事故直後は、精神的なショックや緊張していることなどが原因で痛みを感じない場合があります。
そのため、後から痛みや違和感が表れることもあるのです。痛みや違和感を放っておくと、肩こりや頭痛、腰痛などを引き起こしてしまうこともあるので、きちんと交通事故治療を受けましょう。

交通事故治療は早めに受けることが大切

交通事故の後遺症として多いのはムチ打ちです。ムチ打ちになると頭痛やめまい、吐き気などを感じることがあります。
ところが、ただの体調不良だと勘違いしてしまい発見が遅れてしまうこともあります。放っておくと日常生活に支障をきたすこともあるため、事故後はできるだけ早い段階で適切な検査や施術を受けることが大切です。

自賠責保険の活用

自賠責保険は、自動車やバイクなどに加入が義務づけられている保険です。交通事故に遭った被害者が、最低限の補償を必ず受けることができるような内容の保険制度です。交通事故治療にかかった費用や交通費、休業損害日などを補償してくれます。
整骨院ではこの自賠責保険を活用し施術やリハビリを受けることができるので、費用の心配をすることなく安心して通うことができます。

 

宇都宮市周辺で交通事故後の身体の痛みや違和感でお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ宇都宮市にある当院をご利用ください。一時的な痛みの緩和ではなく、痛みのもとへ働きかける施術を行っております。ケガによる捻挫や打撲、腰痛、骨折などへの施術も行っておりますので、身体の痛みや違和感でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

スポーツ障害を予防するコツ

趣味としてスポーツを楽しんでいる方、健康な身体づくりのためにスポーツをしている方など、様々な理由でスポーツをしている方がいらっしゃいます。日常的にスポーツを行っていると、心配なのがスポーツ障害です。こちらでは、スポーツ障害を予防するコツについてご紹介いたします。

スポーツ障害とは

長期間同じスポーツを続けていると、身体の一部分に疲労が蓄積してしまうことがあります。その積み重なった疲労が痛みとして表れることをスポーツ障害と言います。スポーツの種類によって膝や肘、肩など痛みが表れる部分は異なり、慢性的に痛みが続くため日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。
できるだけ早く痛みを解消するためには、痛みが表れた場所によって適切な処置をとることが大切です。

スポーツ障害が起こりやすいタイミング

ウォーミングアップをせずにスポーツを始めると、急激に筋肉が収縮し大きな負荷がかかることでスポーツ障害が発生してしまうことがあります。また、筋力の低下もスポーツ障害の原因の一つです。筋力は、蓄積された疲労を回復するために重要な役割を担っています。そのため、筋力が低下してしまうと疲労がどんどん蓄積されてしまうので、痛みを発生する原因になってしまいます。

未然に防ぐために気をつけたいこと

スポーツを楽しむためには、スポーツ障害を未然に防ぐことが大切です。そのためにも、スポーツを始める前に十分なウォーミングアップを行ったり、筋肉や骨に無理な力がかからないように正しいフォームを身につけたりしましょう。また、タンパク質を含む食品をバランス良く摂取すると、筋肉の回復力を高めスポーツ障害を防ぐことに役立ちます。

 

宇都宮市周辺でスポーツが原因となる身体の痛みや疲労骨折、腰痛などでお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当院をご利用ください。柔道整復師があなたの身体にあった施術を丁寧に行います。宇都宮市や矢板市、日光市、また他県にお住まいの方もお気軽にご相談ください。

身体の痛みを解消するために

身体に痛みがある時は、なるべく早く解消したいものです。痛みの中には、打撲・捻挫・肉離れ・骨折・脱臼などのスポーツ外傷や日常生活などのケガによる腰痛・肩痛など、様々な痛みがあります。このような痛みを解消するためには、適切な処置を受けることが大切です。こちらでは、適切な処置を受けるための整骨院選びのポイントをご紹介します。

目的を明確にすることが大切

痛む部分を詳しく検査する場合は、レントゲンの撮影が必要になる場合もあります。その際は、一般的な病院や整形外科などの医療機関を利用することになります。柔整マッサージやゆがみの整復などを受ける場合は、柔道整復師の国家資格を持つスタッフが施術を行う整骨院を利用すると安心です。

営業時間の確認

身体に急激な痛みが発生することもあるでしょう。痛みをなるべく早く解消するためには、土日祝日の営業や夜の営業も行っている整骨院を選ぶとすぐに施術を受けることができます。宇都宮市にある当院では、土日祝日も21時まで営業しており、予約なしでご利用可能なので、急激な身体の痛みでお悩みの方もお気軽にご利用ください。

ホームページの確認

ホームページを開設している場合は、事前にしっかりとチェックしましょう。「打撲や骨折、肩・腰の痛みなど、自分が抱える痛みに対応しているか」「どんな施術が得意なのか」など、様々な情報を確認することが可能です。また、実際に施術を受けた患者様の声が掲載されている場合は、その整骨院の満足度を知ることができるのでチェックすることをおすすめします。

施術の流れ

利用する整骨院によって、施術内容は異なります。痛みを伴う施術が苦手な方は、リラックスして施術を受けることができる所を選びましょう。また、施術前の問診や施術後の説明を分かりやすく丁寧に行う所であれば、安心して施術を受けることができます。

 

宇都宮市周辺で身体の痛みでお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ宇都宮市にある当院をご利用ください。打撲や捻挫などのスポーツ外傷や交通事故後の身体の痛みなど、様々な身体の痛みに適切な施術を行います。

交通事故後の身体のケアをするなら

交通事故に遭うと、身体が大きな衝撃を受けることで骨折したりムチ打ちになったりすることがあります。
その際は、病院で詳しい検査を行い適切な治療を受ける方がほとんどでしょう。交通事故が原因の身体の痛みやケガなどは、病院だけではなく整骨院でもケアをすることが可能です。こちらでは、整骨院でケアすることのメリットをご紹介します。

適切な施術が受けられる

交通事故が原因で腰の痛みや手足の痛みなど、様々な部分に痛みが表れることがあります。その中でも多くの方を悩ませているのがムチ打ちです。ムチ打ちは発見が難しいため、病院で検査をしても発見することが難しい場合もあります。
整骨院では、交通事故によるケガの施術が得意な柔道整復師が対応しているため、適切な施術を受けることが可能です。

自分のタイミングで施術が受けられる

病院を利用するとなると、診察時間内に診てもらうことが難しい場合もあるでしょう。ムチ打ちはなるべく早く適切な施術を受けることが大切なので、時間を作ることができなければどんどん悪化してしまう可能性があります。整骨院は、病院よりも営業時間が長い所が多いため、仕事帰りや休日を利用して施術を受けることができます。

丁寧な施術が受けられる

整骨院では、柔道整復師という国家資格を持つスタッフが施術を行います。私たちは身体に備わっている自然治癒能力を最大限に活かす施術を行うため、痛みのもとから緩和することが可能です。ムチ打ちは痛みの感じ方や表れ方が一人一人異なるため、当院ではその人の身体にあわせて手技・理学・運動療法などを組みあわせたオーダーメイドの施術を行っております。

 

下田原町・戸祭・富士見ヶ丘・豊郷台・横山町・下川俣町周辺で、整骨院をお探しならぜひ当院をご利用ください。
柔道整復師が一人一人の身体にあった施術を行います。交通事故によるケガやスポーツ外傷、スポーツ障害など、身体の痛みや違和感でお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。