コンテンツ

ムチ打ちの種類について

車を運転していると誰にでも起こる可能性がある交通事故。交通事故に遭ってしまったら、交通事故治療を受けることになると思いますが、その中で最も多いとされるのがムチ打ちです。そんなムチ打ちもいくつかの種類に分けることができます。
こちらでは、ムチ打ちの種類についてご紹介しています。

頸椎捻挫型(けいついねんざがた)

ムチ打ちの中でも一般的な種類で、70~80%はこのタイプを占めるといわれています。首を動かした時の違和感、また首や肩が痛み、動かしにくいなどの寝ちがいや肩こりに似た症状を示します。頚椎の関節包、周囲にある筋肉、靭帯が傷ついて捻挫を起こしてしまっていることから、このような名前がついています。
頚椎捻挫型は痛みにも個人差があり、X線やMRIで撮影しても頸椎に異常は発見できずムチ打ちとして診断してもらえないこともあるので、痛みの程度や身体の状態をしっかりと伝えるようにしましょう。ムチ打ちの中でも軽度な種類で、適切な交通事故治療を受けることができれば、経過と共に回復する傾向にあります。

バレ・リュー型(後部頸交感神経症候群)

頚椎の中を通る自律神経の損傷によって引き起こされる種類で、交通事故によって引き起こされた自律神経失調症のようなものです。後頭部やうなじの痛み、めまい、耳鳴り、吐き気、頭痛、疲れ目、顔・腕・のどの知覚異常、声がれ、飲み込みにくい、胸が締めつけられるような感じなどの症状がみられるタイプです。これらの症状は、交感神経のはたらきが異常になったためのものです。バレ・リュー症候群型だと明確に判断することも難しいムチ打ちのタイプですが、このような状態が長引くと、バレ・リュー症候群型の可能性も高まります。

神経根症状型(しんけいこんしょうじょうがた)

神経は人が行動を起こすために大切な役割を果たしています。その神経が密集している神経根を損傷してしまう種類のムチ打ち症です。首を曲げたり、回したり、せきやクシャミをしたときに強く感じるのが特徴です。
後頭部や顔面の痛み、ベールをかぶったような顔の違和感などを感じる人もいます。
神経の損傷により、首から腕にしびれを感じるようになり、悪化すると感覚をも鈍らせてしまう恐れがあり筋力や運動能力の低下にもつながってきます。対策として日頃の生活から軽い運動などで身体を動かすことも良いでしょう。

脊髄症状型(せきずいしょうじょうがた)

衝撃により脊髄まで損傷が及んでいる状態です。脊髄の損傷は、下肢のしびれで歩行の際に支障をきたしてしまう恐れがあります。さらに悪化してしまうと、膀胱や直腸などの内臓機能が正常に働かなくなり、頻尿や尿が出にくい、下痢・便秘が続くこともあります。排尿や排便などに苦労してしまうこともあるので、早めの対策が必要です。

 

当院は、宇都宮市関堀町にある信頼・安心の整骨院です。交通事故治療を受けることになった場合には、お気軽にご相談ください。自賠責保険による対応も行っており、ムチ打ちで交通事故治療が必要な方、満足のいくリハビリを受けたい方、腰痛や捻挫、肉離れ、打撲、身体の痛みなどでお悩みの方の力になります。宇都宮市関堀町にある当院は、豊郷中学校交差点より田原街道へ入り500mほど進んだところにあります。病院で交通事故治療を受けていて回復されない方からのご相談もお待ちしています。