コンテンツ

野球肘の種類

スポーツ障害の一つに野球肘というものがあります。これは、野球をやっている人だけの障害ではありません。
投球類似動作のケガ全般に該当します。こちらでは、スポーツ障害の一つでもある野球肘の種類をご紹介しています。

野球肘とは

投球動作の積み重ねによって起こるスポーツ障害の一つです。子供の頃は、成長期で骨が柔らかい状態なので、間違った使い方をしたり使い過ぎたりしてしまうと、肘を痛めてしまいます。そのため、小学生から高校生の男子に多くみられ、野球のピッチャーやキャッチャーなどの投球動作が多いポジションをしている人がなりやすいのです。その他のスポーツでも、投球類似動作によって引き起こされるものは、基本的に野球肘や投球障害肘とも呼ばれている肘関節障害の総称です。そんな野球肘も部位によって種類が異なってきます。

内側の野球肘

投球動作では、肩と同様に肘にも負担がかかります。肩や肘は消耗するという考えから、昔の根性論を用いた投球と違って、近年ではピッチャーの投球回数に限らず、投げた球数を目安に交代するスタイルが試合では目立つようになってきました。
投球動作では、特に肘の内側に負担がかかってしまいます。肘の内側の関節に対応している筋肉と腱の柔軟性がなくなってしまい、衝撃を緩和する力が弱まってしまうことで起こる痛みです。入念なストレッチやクールダウンを行うと、内側の野球肘を防ぐことにもつながります。

外側の野球肘

肘の外側を痛めてしまう野球肘です。内側の野球肘と比較すると、痛みとして現れにくいので、外側の野球肘になっていても気づかないこともあります。投球動作の中で関節がぶつかり合い、クッションとしての役割、滑らかに動く役割を果たしている軟骨を損傷、悪化すると骨折・脱臼に移行してしまう野球肘です。内側の野球肘と比較すると、対策も一筋縄ではいかないのが外側の野球肘です。
そのままにしていると、骨の変形によって日常生活に支障が出てしまう恐れがあります。野球に限らず、投球動作の多いスポーツをしている方は、肘に痛みを感じなくても1年に1回は野球肘の検診を受けることをおすすめします。

 

宇都宮市関堀町にあります当院は、野球肘を含めた疲労骨折などのスポーツ障害でお悩みの方が安心して通っていただける整骨院です。スポーツによるケガ以外にも、捻挫や肉離れ、打撲、交通事故によるケガ全般もお任せください。
保険会社に認められた自賠責・任意保険、労災保険、生活保護受給者のケガ、健康保険なども扱っているので、安心してご利用いただけます。肩や膝、腰痛など身体の痛みでお困りでしたら、宇都宮市関堀町にあります当院までお気軽にご相談ください。