コンテンツ

関節痛が起こる原因

整骨院を利用する方の中には膝痛や肩こりなど、関節の痛みでお悩みの方も多くいらっしゃいます。関節は身体を動かす度に使用する部分なので、関節に痛みがあると普段の生活で困ってしまうこともあるでしょう。こちらでは、関節痛が起こる原因についてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

老化

老化が原因で、椎間板や軟骨が擦り減ってしまうことがあります。そうすると関節をスムーズに動かすことができなくなってしまうため、膝や腰などに痛みを伴います。予防するためには、関節に弾力性や保湿性を与えるために重要な役割を担っているコンドロイチンなどをしっかりと補うことが大切です。
コンドロイチンは20歳を超えると徐々に生産性が減少してしまうので、意識して補うことでコンドロイチン不足による関節痛を防ぐことに役立ちます。

血行不良

軟骨の減少を防いだり損傷を受けた部分を修復したりするためには、関節に栄養分や酸素を運ぶ必要があります。
栄養分や酸素は血液によって運ばれるため、血行が悪くなると上手く運ぶことができなくなってしまいます。これが、関節痛を引き起こしてしまう原因となるのです。
肩こりや腰痛などの関節痛は血行不良が原因で起こることが多いので、このような痛みでお悩みの方は血行を良くすることが大切です。

スポーツ

ジョギングやゴルフ、テニスなどのスポーツを始めると膝に痛みを感じることがあります。膝は身体を動かす度に多くの負荷がかかるため、痛みが発生しやすい場所です。しっかりとウォーミングアップをすることが膝の痛みの予防に繋がるので、意識して取り入れるようにしましょう。ウォーミングアップは、スポーツを行う時の転倒や衝突によるスポーツ外傷を防ぐことにも役立ちます。

 

宇都宮市で整骨院をお探しの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当院をご利用ください。当院は関節痛やスポーツ外傷、ムチ打ちなど、様々な身体の痛みを解消するため、柔道整復師が施術を行っている整骨院です。一人一人の身体にあわせた手技・理学・運動療法を組み合わせ、根本的な痛みから解消することができるよう丁寧に施術を行います。健康保険や交通事故、労災などのご利用についてもお気軽にご相談ください。