コンテンツ

スポーツ障害を予防するコツ

趣味としてスポーツを楽しんでいる方、健康な身体づくりのためにスポーツをしている方など、様々な理由でスポーツをしている方がいらっしゃいます。日常的にスポーツを行っていると、心配なのがスポーツ障害です。こちらでは、スポーツ障害を予防するコツについてご紹介いたします。

スポーツ障害とは

長期間同じスポーツを続けていると、身体の一部分に疲労が蓄積してしまうことがあります。その積み重なった疲労が痛みとして表れることをスポーツ障害と言います。スポーツの種類によって膝や肘、肩など痛みが表れる部分は異なり、慢性的に痛みが続くため日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。
できるだけ早く痛みを解消するためには、痛みが表れた場所によって適切な処置をとることが大切です。

スポーツ障害が起こりやすいタイミング

ウォーミングアップをせずにスポーツを始めると、急激に筋肉が収縮し大きな負荷がかかることでスポーツ障害が発生してしまうことがあります。また、筋力の低下もスポーツ障害の原因の一つです。筋力は、蓄積された疲労を回復するために重要な役割を担っています。そのため、筋力が低下してしまうと疲労がどんどん蓄積されてしまうので、痛みを発生する原因になってしまいます。

未然に防ぐために気をつけたいこと

スポーツを楽しむためには、スポーツ障害を未然に防ぐことが大切です。そのためにも、スポーツを始める前に十分なウォーミングアップを行ったり、筋肉や骨に無理な力がかからないように正しいフォームを身につけたりしましょう。また、タンパク質を含む食品をバランス良く摂取すると、筋肉の回復力を高めスポーツ障害を防ぐことに役立ちます。

 

宇都宮市周辺でスポーツが原因となる身体の痛みや疲労骨折、腰痛などでお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当院をご利用ください。柔道整復師があなたの身体にあった施術を丁寧に行います。宇都宮市や矢板市、日光市、また他県にお住まいの方もお気軽にご相談ください。