冷え性対策お済みですか?その1「原因」

寒くなってまいりました。

これからの時期、冷え性と聞いて先ず女性の病気と思っている方は比較的多いと思いますが、実際冷え性で悩んでいる方の割合としては、女性が約7割りに対して男性も約3割と言われています。

冷えの原因としては、「①体内で熱が作れない」「②作られた熱を循環出来ない」「③体内で保温できない」などでしょうか。

①では、筋肉系が約50%,肝臓や内臓器が約26%,その他が24%と言われています。大部分の熱産生は筋肉で行われています。
つまり筋肉量が少ないと、作れる熱も少ないと言うことです。
一般的に男性より女性に冷えを感じる人が多いのは、女性の方が筋肉量が少ないからと言えます。
因みに食べないで痩せた経験のある方は筋肉量も減らしているので冷えになっている可能性があります。

②では、自律神経(交感神経・副交感神経)の乱れが大きく関わっています。
自律神経のバランスが崩れると、血液循環が乱れ血液と共に熱が送られ難くなってしまいます。
つまり(精神的・肉体的)ストレスなどによって影響されてしまうことになります。

③では、皮下脂肪量が関係します。脂肪には断熱効果があります。
つまり痩せている方は、脂肪が少なく保温効果が弱く,
太っている方は、脂肪はありますが脂肪には血管がほとんどないので、熱が加わってもその熱が全身に伝わりにくいのです。

冷え症によって起こる症状は、色々です。

これから特に(足先・指先)が冷える末端冷え性などで冷えを感じる場合が多いくなります。
症状がひどくなると、疲労感,不眠,イライラ,偏頭痛,肩こり,食欲不振など、
さまざまな症状が現れてしまいます。

宇都宮にある整骨院和らぎでは、つらい冷え性の改善に効果的な施術を行うことで、
患者様にも多くご利用いただいておりますので、症状にお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。