効果を高める方法 患者さん側その2

体感して変わって事を声に出す

「患者さん側その1」と同時に「声に出す」ことを行ってみて下さい。

和らぎに通院されている患者さんで快復が早い方の傾向の一つに
「実感していることや良くなったことを声に出している」ことが見うけられます。

声に出すことで、自分の発した言葉が耳を通して脳へと伝わります。
それによって脳が「これが体にとって心地良い状態なんだ」と認識しやすくなります。

すると更に自己治癒力が働きやすくなり体内に滞った余分な物がを排出され快復へのサイクルが促されていきます。

いわゆる、病は気からに通じます!