効果を高める方法 患者さん側その1

変化に意識を向け・感じてみよう!

施術中や施術後に関わらず、「痛み・動きが変化したことに意識を向ける」


•痛みが減った(気がする)
•動きやすくなった
•体が軽い(重い)など
※10段階で数値化する。

変化したことに意識を向けると、脳は変化した方へと体の状態を維持し始めます。
逆に変化しているにも関わらず、痛みに意識が向いていると快復が遅れます。
なぜなら脳は変化したことに気づきにくいからです。

今までのデータでは、変化に対して意識を向けている方は治りが早い傾向にあることが分かっています。

できるだけ体が早く治るように、体の変化に意識を向けてみて下さい。

すぐに変化が分からなくても大丈夫です。分からない事自体、それほど重要ではありません。
繰り返し意識することで変化が分かるようになっていきますのでご安心下さい。

体の変化を感じよう・分かろうとすることがカラダにとって大切なのです。