関東も梅雨入りしましたね!!

梅雨時期や台風時期に原因不明の頭痛や関節の痛みに悩んでいませんか?
気象や天気の変化によって、偏頭痛やめまい、関節が痛むなどの、原因不明の症状に悩まされる方が多いのが、気象病や天気痛です。

 天気痛・気象病とは

昔から「天気が悪くなると古傷が痛む」「神経痛がひどくなったから雨が降る」と言われてきました。こうした天気に連動して起きる痛みを「天気痛(てんきつう)」といいます。

さらに、痛みだけでなく、気圧や気温、さらに湿度の変化が大きく影響して起こる症状全般を「気象病(きしょうつう)」といい病気の総称をいいます。

代表的なものとして頭痛・喘息・めまい症・ふらつき・うつ病、関節炎・関節痛・神経痛・吐き気・倦怠感・イライラ・モヤモヤ感・腰痛・肩こり・蕁麻疹(じんましん)・メニエール病・古傷の痛み・心臓発作・脳出血などが知られています。

 天気痛・気象病の原因

気象病や天気痛は、自律神経の乱れや血管の拡張が原因で起こります。

自律神経のバランスの乱れによる交感神経優位のストレスや、拡張した血管が神経を圧迫刺激することで 、痛みや体調不良を発生させます。

この自律神経の乱れや血管の拡張は、天気や気圧、気温、湿度の変化が原因であることが知られています。

気象の変化により耳奥の内耳のバランスが崩れるため、脳が混乱しストレスを感じて交感神経が優位となり、交感神経が痛覚を刺激します。

そのため、古傷が痛みだし、様々な体調不良があらわれるのです。

知っているようで知らない気象病や天気痛。あらゆる影響が体にでてしまう、ちょっと怖い病気だということがお分かりいただけたと思います。

※でも、ならない人・なる人知りたい方はお問い合わせ下さい<(_ _)>