治療の効果を長持ちさせる方法はありますか?

先週、腰痛の患者さんから「効果を長持ちさせる方法はありますか?」と質問を受けました

色々ありますが、先ずは、痛い姿勢を維持しない・長時間同じ姿勢をとらないことです。

対処法としては、ストレッチ・姿勢を気にせず楽な姿勢をとるなんてところでしょうか活字にすると簡単そうですが、実際はなかなか出来ないので、(出来るものからなぜ出来て!なぜ出来ないのか?)説明して指導します。

患者さんにしてみれば、長年患っていた腰痛から解放されたら当然、またあの腰痛生活には戻りたくないですからね。

治療で腰痛がスッキリしたのは、その腰にかかる負担を減らしたからなので

例えば、開いた傷口を縫い合わせるか張り合わせれば、合わさった傷口は、そのカラダの自然治癒力でくっつきます。

腰痛も、ガン・内臓疾患などの内科的な病気がなければ、患部を安静に出来ていれば痛みは無くなります。

ところが慢性的な痛みを抱えている人は、たえず筋肉・血管・神経に力が加わっていて安静にできていなかったりしますので

この力を治療で取り除いていきます。取り除いてしまえばあとは自己の自然治癒力を最大に生かすことで痛みは無くなっていきます。

ですから、一度この力を治療で取り除いてしまえば、日常生活ではストレッチなどで弛める事がたいへん有効です。

ストレッチを習慣にしておけば再び片寄った力が腰にかかることはないでしょう

ただし、ストレッチは正確に行わないと、良くもなりますが悪くもなってしまうのでわかる人に見てもらうことをオススメします。